fc2ブログ

Entries

自分にとって絵とは?【前編】

先日、TVで101歳の画家、野見山暁治氏の熱意ある現活動のドキュメンタリーを見て、その熱意が続く事に少し驚きと共感を感じました。【ツボイケンジ】自分の記憶に残る最初の絵は飛行機の絵になります。家の父は代々木に小さな水道会社を構え、茨城からの若者を社員として呼び寄せその人たちと一緒に寝食生活をしていました。3歳になったくらいばかりの頃でしょうか?飛行機の絵を描いていました。そこにケンジ兄ちゃんと呼ぶ人が来...

魂の大きさ

ご心配おかけしたかもしれませんが私の口腔、「二度あることは三度ある」で大丈夫となりました。通う歯医者によれば、年に6~7人は発見するらしいので、心臓以外は病のターゲットとなるので人類には強敵です。魂の重さが21グラムであるという知識はは、中学生の頃に耳にしましたが、多生物を飼育し看取ってきたので、体から抜けた水分量だろうと思いました。古代エジプト人が生き姿のまま死ぬスカラベを神の使いとしましたが体重減...

怒りをエネルギーに

怒りをエネルギーにとは誰の言葉だったか?タイトーを辞め、30代、しばらくは自分も怒っていたような気がするが…男性更年期も経て、何故か全く怒りを感じなくなった。代わりにあるのは、呆れであり、諦めであるアニメ業界は制作という部署が世間一般常識などを教えるが…ゲーム業界には相当するものがない。楽天的に自分は後悔しないという者が多く見えるが、反省すれば必ず後悔は生まれる物だ。ただ、呆れ、諦めで放置するように...

未完成本

28年前、いろいろな出版社を巡り、唯一、まともな対応をして下さったのがポプラ社でした。その編集長から是非絵本を作って下さいと言われたのですが…。自分が自分に要求する課題が高くなりすぎて、今になっても完成していません。ポプラ社の編集長も、もう定年退職されてしまい…本は時流を逃してしまったかもしれないと、たまに完成した分の絵を見ては後悔し反省しています。...

名誉の代償12後編【普通の人々】

ある時、私の20歳年上の従姉が、高山良策さんが、せっかく親戚なんだから隆綱君に怪獣を作るアトリエを見せてあげたいと言って来た。そこに連れられていくと壁に怪獣ゴモラの首が飾ってあり数々の特撮模型も転がっていて、スペクトルマンのラーのお面を作る実演を見せてもらう…工程は面白かった。石膏の型に、白い生ゴムを塗り、しばらく待つ…乾かすのに確か?ライトを当てるのだが…その待ち時間がとにかく長い。自分は、その時間...

(シューティングの醍醐味)何人の人がブログ見るんだろう?

ブログカテゴリーで、シューティングジャンルで上位になったりするのはわかるのですが…。どのくらいのニーズがあるのかは、さっぱりわからない独り言が自分のブログです。予告していた「シューティングの醍醐味」に関しては、権利上、中田英寿案件などを知り、引用などされたら、自分の利益にもならず商用化されかねない事をしりましたので書くの止めて、どこか出版社のオファーでも(無いとは思いますが)待ってみる事にします。...

名誉の代償12前編【普通の人々】

私の幼少時代は人間環境的には豊かで、物欲に関しては満たされなかった。育った環境は野球少年達からみたら羨ましすぎるくらい恵まれていただろう。私が4歳の頃、住む三階建てのコーポには、二階に巨人の渡辺選手、三階には、確か土井選手?(未だに野球無知。引越し先選びに一緒について行った記憶がある)がいた。二件先に幼馴染の女の子がいて、その、お父さんが巨人の金田正一さんだった。野球に興味の無かった自分にとって渡...

上は大水、下は大火事、自分は何だ?

「上は大水、下は大火事、自分は何だ?」例えれば業界離れて以降、いつもこんな状況です。自分の作った物を、(上)企業は繰り返し使って多大な利益を著作権で得て、その体を維持しています。自分の作った物を、(下)マニアは引用と称して絵を使ったり、模型作って多売で小銭稼いでたり…。「いいなー」って思います。自分はブラックフライを描く自由すら満足にありません。シューティングヒストリカでは、タイトーから元部下が電...

著作者人格権

今、私は悩んでいます。日本の著作権法というのは、あるようで、ないようで…いくつにも区分してます。私になぞ、まずお金になることはありません。唯一、持つ権利は日本の定める著作者人格権でしょうか?ただ、それすらも職務著作と考える事も出来、自分の心の傷は埋まりません。ガンフロンティアエンディング「 勇士の名は、永遠に語りつがれる 惑星グロリアの名と共に・・・」は、私の作った創作詩であります。それはガンフロン...

名誉の代償11 【13の魂、100まで】

私は自分の名前が、お役所書類参考にある「山田太郎」だったらどれ程良かっただろう?と考えることがしばしばあります。(御本名の方、申し訳ありません)私の名前が特徴的であるために、お医者さんなどに行った時も若い先生ならピンときちゃうらしい事も稀にあります。この中途半端な名前に引きずられて私の人生は振り回されてきたように思います。イラストなど辞めて、まともな職に就くことにいつも迷いが生じていました。私のエ...

名誉の代償10【降臨】

コミケから帰ってきた私の疲れた顔を見て「ネットでみたけど、何なんだよ?うちの親父が降臨って(笑)」一番末息子から、からかいの励ましを受けました。私のブースの壁面には「仙波隆綱降臨」との貼り紙がされていました。マニアは人を神に例えがちです。ある超有名アニメーターは病気を患い痛みで座ることができず、立ったまま仕事をしてたそうです。神であるなら「お~そこまでして仕事すんのか?何たる執念!」という話になる...

イーグレットⅡミニ TAITO

三月に発売のイーグレットⅡミニ TAITOでは、みなさまのおかげで納得する形で冊子インタビューに臨ませてもらうことができました。特にガンフロンティアはアーケードや従来の家庭用では難しかったであろう、レバー+ボムを色々試せるかと思いますので。よろしくお願いいたします。...

Appendix

プロフィール

仙波 隆綱

Author:仙波 隆綱
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる