fc2ブログ

Entries

漫画は漫画…メタルブラック

●集刊 仙波隆綱V2購入
↑集刊 仙波隆綱V2の購入は、こちらから。

V2収録のTHE METAL BLACK について…。
当時、単発物が、いきなり連載に代わり「えっ?俺、漫画なんか描いた事無いんだけど?」
って言葉に慌てたのは新声社の専務だったかもしれない…。

漫画か…。漫画描くならマンガじゃなきゃ出来ない事やりたいな…こういう野心が芽を出してしまう。
私のネームを見て、担当編集はまあ、良しとする物も、それを心配になった専務もチェックするらしく、
「他に連載されてるコミゲの漫画と毛色がちがいすぎる」~
「何でこのコマに一人の人間が複数描かれてるの?読者が同じ人物が三人いると勘違いしてしまう!」
まで根本から末端にいたるまでNGクレームがつく…。

電話をかけて来る担当は、それを訳してくるわけだが。納得のいく所は「直します」
納得のいかない部分(自分が成立可能)と思えば、その表現を押し通してもらえるように頼んだ。

娯楽が湯水のように溢れる今日。私は何で?GF二作を捉えられる評論家がいないのかと嘆く…
あれはゲームじゃなきゃ出来ない事を、やったつもりなのだ。
そしてD-REXは正反対にゲームじゃやっちゃいけない事を仕掛けたつもりだ。

MBN1-1.jpg

コミックは、このコマが一番象徴的かもしれない。
人の生活(ドラマ)は同じ時間、瞬間に別な行動、別な事象が起きていてる。
映像であれば、カットインと言う手法(アメリカドラマ「24」)のように流れを組むか。
カメラの切り替えしを入れないとならない…。または関係する人間の相互位置関係を把握させておいて
聞く側の人間UPを写してカメラ外の相手の台詞を観客に聞かせる。

私はここで、一コマを同じ時間(瞬間)として、事象をポスターデザインのように要素を入れ込んで見た。
そういう漫画表現がやりたかったのである。





スポンサーサイト



コメント

[C1055] 通行人A

ひとつの画面に同一のキャラを二重に出してオーバーラップさせる手法
コナミがMSXのゲームでちょいちょいやってたのが印象深いです(SDスナッチャーのOPとかスペースマンボウのEDとか)

創作フィクションであっても、劇中劇のようなメタ視要素を含ませることによって、世界観に厚みをもたせる 主役以外にも性格や人生の設定を持たせることで世界の多様性を表現する 好きな手法です

近年のオープンワールドゲームは、ハード・システムの発展で構築物こそリアリティを持ち始めましたが モブ(人)はシステムの進化に追従していないような この辺りは作者の拘りありきだと思いますよ
  • 2024-03-30 08:24
  • 蜜太郎
  • URL
  • 編集

[C1058] Re: 通行人A 蜜太郎さん

今はグミの時代らしいですが、自分の子供時代と言えばガム
親からガム貰って、くちゅくちゅ噛んで味しなくなって紙に出そうとすると
もっと噛んでろ顎の運動になるって叱られましたね。
だから、ずーっと噛んでる…。

ロストゼネレーション以降…それより少し前のバブル時代からかな…
何かしてやんなきゃと思ったけれど、自分にそこまでの力があるわけもなく
  • 2024-03-30 23:44
  • 仙波 隆綱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

仙波 隆綱

Author:仙波 隆綱
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる